Call Now Email Today TEL: +44 1943 609 505

  • English
  • Deutsch
  • 中文
  • العربية
  • Português
  • Polski
  • Nederlands
  • Français
  • Italiano
  • 日本語
  • Türkçe
  • Русский
  • Español

蓄熱式の酸化剤

蓄熱式の酸化剤は、(RTOの)燃焼室に接続するセラミック媒体室や病床数、で構成されています。 VOCおよびHAPを含んだ処理ガスが床の一つにガスを導く制御弁に流入する入口マニホルドを介して酸化剤に入る。

それは、燃焼室に向かって移動するように、プロセスガスが徐々にセラミック媒体床で加熱される。一旦燃焼室内で酸化され、燃焼室からの出口流れ方向にあるメディアベッドで浄化された空気を放出する熱エネルギー。ポペット弁又はバタフライ弁は、酸化剤内のエネルギー回収を最大化するために、メディア床への空気流の方向を交互。

これらの酸化剤の中で、酸化し、高エネルギーの回収は、補助燃料の要件を軽減し、運用コストを節約できます – ユニットは、低入口のVOC濃度では補助燃料使用量(オートサーマル)で自立運転に到達することができます。

(English)

Features & Benefits

  • Up to 97% thermal efficiency
  • >99% destruction efficiency
  • Variable Frequency Drive (VFD) for high volumetric turn-down during low process or idle conditions
  • Up to 25% Lower Explosive Limits (LEL) RTO operation while self-sustaining as low as 3% LEL, reducing the need for auxiliary fuel
  • PLC based control system with remote access
  • Low NOx burner design

(English)

Options

  • Supplemental Fuel Injection (SFI) for increased fuel efficiency, flameless thermal oxidation and ultra low NOx emissions.
  • Hot Side Bypass for high loading conditions
  • Bake-out feature to remove organic particulate build-up
  • Diverse materials of construction options for high temperature or corrosive applications (e.g. halogenated compounds)
  • Acid gas scrubber module with completely integrated control system
  • Forced or induced draft fan configurations
  • Skid or remote mounted panels available for system controls
  • Two, three or multi-bed configurations