Call Now Email Today TEL: +44 1943 609 505

  • English
  • Deutsch
  • 中文
  • العربية
  • Português
  • Polski
  • Nederlands
  • Français
  • Italiano
  • 日本語
  • Türkçe
  • Русский
  • Español

熱回復させるの酸化剤

 

伝熱式熱酸化装置の動作中に、VOCを含んだ空気は、システム·ファンに引き込まれると、システムの熱交換器に排出される。空気が熱交換器のチューブ側を通って予熱した後、汚染された空気は、熱酸化温度まで上昇させるバーナーを通過する。

VOCを含んだ空気が指定滞留時間の熱酸化温度まで昇温された場合(0.5から2.0秒)で、発熱反応が起こる。空気流中の揮発性有機化合物は、二酸化炭素と水蒸気に変換される。熱い、精製された空気は、反応によって放出されるエネルギーは、流入する空気を予熱するために使用される熱交換器のシェル側を通過する。

熱交換器は、システムが中程度のLELレベルで自律的なもので、システムの燃料消費量を最小限に抑えます。最後に、汚染のない空気が大気中に排出される。

(English)

Options

  • Speciality designs for silicone and particulate matter
  • Higher alloy heat exchangers for corrosive applications
  • Modulating damper and heat exchanger by-pass prevent over temperature concerns for high concentrations situations
  • Acid gas scrubber module with a completely integrated control system
  • Skid or remote mounted panels and enclosure rooms available for system controls

(English)

Features & Benefits

  • Reactor has ceramic lining, high density insulation and painted steel weatherproof enclosure
  • Multiple pass stainless steel, shell-and-tube heat exchanger
  • Low NOX burner designed to maintain temperature during full flow, no VOC process conditions
  • PLC based control system with remote access
  • Variable Frequency Drive (VFD) allows for high volumetric turn-down during idle or low process conditions